Liber Primus 第一之書

購入した本、読んだ本について紹介していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新着図書(4)_

▼セリーヌ『夜の果ての旅 (上)(下)』(生田耕作訳 中公文庫)
 セリーヌを一躍有名にした自伝的小説。こうした作品が手軽に文庫で手に入るのはとても有り難い。

▼アンナ・カヴァン『氷』(山田和子訳 ちくま文庫)
 版元品切れとなっていたアンナ・カヴァンの最晩年の著作の3度目の復刊。カヴァンは『アサイラム・ピース』で初めて知ったが、書名のごとく、氷の結晶のように冷たく澄み切った孤独と疎外の作家の作品世界は、独特の魅力の光を放っている。

▼河合隼雄『生と死の接点 〈心理療法〉コレクションIII』(河合俊雄編 岩波現代文庫)
 著者は一般向けに多数の著作を世に送り出しているが、このシリーズは臨床心理学者である子息が、専門性の高い論文を中心に編んだもの。既刊に同名のハードカバーがあるが、内容が一部差し替えられ、解説が付されている。

▼P・K・ディック『宇宙の眼』(中田耕治訳 ハヤカワ文庫SF)
 ディック初期の代表作のひとつ。ずいぶん前から本書について耳にしていたが、ようやく手にすることができた。

▼ケン・リュウ『紙の動物園』(古沢嘉通訳 新ハヤカワSFシリーズ)
 近年最も注目されている中国系アメリカ人SF作家の、日本オリジナル編纂の短篇集。まだ冒頭数篇を読んだだけだが、小説としての確かな構成と叙情性が印象的だ。

▼小池寿子『謎解き ヒエロニムス・ボス』(とんぼの本 新潮社)
 幻想的な作風で著名な画家についての、最新研究に基づいた入門書。カラー図版が多数含まれ、この特異な画家の作品世界を概観することができる。版型が小さくて絵の迫力に関しては物足りないが、手頃な価格なので致し方ないか。著者は中世美術の専門家で既に多数の著書があり、恰好の案内役と言えるだろう。
関連記事
  1. 2015/04/28(火) 19:32:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<新着図書(追補) | ホーム | 読了:ベスター『虎よ、虎よ!』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cogitanssum.blog.fc2.com/tb.php/9-53de2bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cogitans_sum

Author:cogitans_sum
購入した本、読んだ本について書いていきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

本 (14)
読書 (0)
未分類 (0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
4808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
2360位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。