Liber Primus 第一之書

購入した本、読んだ本について紹介していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新着図書(1)

雑事に紛れてブログの更新が随分滞っていたが、購入図書が溜まっているので順不同で紹介。

▼『モンス・デジデリオ画集』(解説:谷川渥 エディション・トレヴィル)
17世紀に多数の空想上の建築や廃墟を描いた画家の画集。ピラネージを思わせるような壮大で幻想的な建築や廃墟、崩壊の様が強い印象を残す。

▼島内景二『塚本邦雄』(コレクション日本歌人選019 笠間書院)
今まで短歌に対しては、保守的な文学形式という印象しかなくて、ほとんど関心を持ってこなかった。しかし不勉強なことに最近たまたま知ることになった「前衛短歌の旗手」塚本邦雄の句には圧倒された。長い伝統を持ち、それ故に桎梏にもなるであろう短歌という短詩型で、ここまで斬新でラディカルな表現が可能なのかと驚かされる。例えば次のような句がある。「革命歌作詞家に凭りかかられてすこしずつ液化してゆくピアノ」「われがもつとも惡むものわれ、鹽壺の匙があぢさゐ色に腐れる」「聖母像ばかりならべてある美術館の出口につづく火薬庫」。塚本に師事した著者が50句を選び、詳細な解説を加えている。
関連記事
  1. 2015/04/05(日) 10:22:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<新着図書(2) | ホーム | 読了:P・K・ディック『ユービック』(浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cogitanssum.blog.fc2.com/tb.php/5-cb09c774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cogitans_sum

Author:cogitans_sum
購入した本、読んだ本について書いていきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

本 (14)
読書 (0)
未分類 (0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
4808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
2360位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。