Liber Primus 第一之書

購入した本、読んだ本について紹介していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読了:P・K・ディック『ユービック』(浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF)

▼P・K・ディック『ユービック』(浅倉久志訳 ハヤカワ文庫SF)

今更、そして恥ずかしながらの初ディック。以前もディックの作品を読んでみようとしたことはあったのだが、全体に漂ういかにもアメリカ資本主義風の、消費社会コマーシャリズムの雰囲気が——批評的な意味が込められているのだろうけれど——どうも馴染めなくて今までなかなか読めなかった。ディックの代表作のひとつである本書もその例に漏れず、各章冒頭に掲げられた謎の万能商品「ユービック」の広告のエピグラフ(?)も、商業主義の露骨なカリカチュアになっている。しかし本書では、頁を繰る手を止めることにはならなかった。超能力者に対抗するエキスパートの一団が月面に集められたところ、実はそれが罠で、一行は襲撃され犠牲者が出たため、地球に撤収し対抗策を取ろうとする。ところが、あらゆるものが時間を逆行していく現象が生じるようになって……、という展開が、一見通俗的な導入部を裏切り、なにが現実でなにが幻想なのか定かでない眩暈の感覚を増幅していく。レムはアメリカSFのなかで唯一ディックのみを評価しているらしいが、それもわかる気がする。「ディック特有の現実崩壊感覚」という評も聞いていたので、これがそれか、と思いながら読んだ。SF的な道具立てと約束事はあるが、その前提の中で主人公たちは苦境を脱出しようと自分たちが置かれた状況について考え、模索し、また新たな謎にぶつかりと、苦闘する。したがって読者も読み進めながら、登場人物と同じ幻惑感を体験する。なにか重大な意味を持った出来事が進行しつつあって、それはさまざまな形で暗示され、仄めかされ、予兆らしきものが示されるが、どうしてもその意味をつかむことができない、現実をつかもうとしてもいつも自分の手をすり抜けてしまう、そういった感覚、これこそがディックが書きたかったことなのかと感じた。だからディックにとって、SF的な設定それ自体が書くことの目的と言うよりも、この足元をすくわれるような現実崩壊感覚を実現するための手段に過ぎないようにも思えた。発表されたのが1969年ということなので、描かれる未来社会の様子も現在からすれば古さは否めないが、それは枝葉のことに過ぎなくて、この作品の本質をいささかも損なっていないと思う。むしろ、必ずしもSF的な設定にこだわらなくても、この現実と幻覚が反転する幻惑感を描くことはできるのではないかとも思える(ラテンアメリカ文学のいわゆるマジック・リアリズムと呼ばれる作風も、狙いとしては近いのではないか)。そうであるとするなら、なぜディックは一貫してSFを、それも(まだ一作しか読み通しておらず伝聞だが)現実が確固たる基盤を失い、幻想と現実の境界が判然としなくなるような作品を書きつづけたのか。ディック作品のSF的装いの通俗性は、作品がエンタテインメントとして消費される「商品」であり、「本質」を欠いた「表層」であることの自己言及的表明であって、それは作中で繰り返し描かれる、隅々に至るまで商業主義に浸透され、およそ「深み」などとは無縁の、表層的な、「現実感を欠いた」日常生活と並行関係にあるように思える。つまり、作品の「内容」として作中で描かれる日常世界が、商品経済に根こそぎ組み込まれて全く実体感がないことと同様に、作品の「形式」においても、作品が自らの商品としての表層性をあからさまに自己言及的に提示することが必要だった、その意味での「SF」という文学形式の選択であり、通俗性・大衆性であったようにも思える。作品世界の描写と作品形式の両面で、露骨なまでに消費社会的な通俗性と虚構性を描き切ることによって、現実は仮象にすぎないことを暴露し、むしろ仮象こそ現実であるとディックは言いたいように見える。こうした世界の商業主義的な表層性、仮象性に対しては、ディックはとてもアンビヴァレントな感覚を持っていたのかもしれない。うんざりさせられる、吐き気のするような空疎な広告と消費活動に充ち満ちた日常と、また同時にその空虚さ故に容易に立ち現われる非現実感というこの反転交錯が、まるで薬物による幻覚作用のように(ディックは実生活でも薬物を使っていたのだろうか?)ディックを捉えて離さず、いつまでも魅入られつづけたのだろうか。そしてこれは、ディックが体験した20世紀後半のアメリカ社会の生活そのものでもあったのだろう。読み物としての面白さのなかに、醒めることのない悪夢、仮象としての現実という毒を仕込んだ、見かけ以上に「暗い」作品であるようにこれは思える。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/12(月) 13:43:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

御恵贈図書:『ハイデガー読本』

▼秋富・安部・森編『ハイデガー読本』(法政大学出版局)
 帯には「決定版の入門書、ついに登場!」とあるが、これは決して誇張ではないと思わせる、中身の濃い一冊。かつて、ハイデガーを日本に紹介した古老(?)世代の「入門書」は、決してわかりやすいものではなく、ハイデガー独特の物言いをただ薄めただけといった感のものが多かった。しかし中堅クラスの研究者34人が結集した本書は全く違う。ハイデガーの思惟の変遷を時代ごとに丹念に辿りながら、その思索を哲学史の流れのなかに位置づけ、ハイデガーの思考の展開にかなり踏み込んで論じている。大学院進学を考えている学部生や、系統的にハイデガーを読んでいきたい非専門家に最適と思えるような、現時点における日本のハイデガー研究の水準の高さを伺わせる力作。巻末にある、ハイデガー全集(Gesamtausgabe/Vittorio Klostermann)既刊88巻(全102巻を予定)の各巻内容紹介も大変有用だ。
  1. 2015/01/07(水) 00:25:47|
  2. | コメント:0

新着図書:ルーセル『ロクス・ソルス』 ボルヘス『七つの夜』ほか

元旦、年が変わってすぐにブックオフで買った本が早くも到着。

▼レーモン・ルーセル『ロクス・ソルス』(岡谷公二訳 平凡社ライブラリー)
 攻殻機動隊の劇場公開版第2弾『イノセンス』で、敵の組織名に使われていて吃驚。と言うより、アニメで使われて気になって調べ、初めて本書の存在を知ったというのが本当のところ。

▼アーサー・シモンズ『〔完訳〕象徴主義の文学運動』(山形和美訳 平凡社ライブラリー)
 同書は、冨山房百科文庫から前川祐一訳で出ているものを持っているが、実は原著初版を底本としていて、改訂増補版を使った完訳は、本訳書が初めてということは知らなかった。

▼由良君美『椿説泰西浪漫派文学談義』(平凡社ライブラリー)
 友人が絶讃していたので買ってみる気になった。「すこしイギリス文学を面白いものにしてみよう」という冒頭の句が暗示するように、頁をちょっと繰ってみるだけでも、本書が狭い「英文学史」の枠を軽々と飛び越えて、西欧の文学・思想を縦横無尽に駆け巡る、血湧き肉躍る「文学談義」であることがよくわかる。図版も多数ありとても興味深い。

▼ホルヘ・ルイス・ボルヘス『七つの夜』(野谷文昭訳 岩波文庫)
 ボルヘスの七夜にわたる連続講演を編んだもの。平易な言葉で語りかけながら、古今東西のあらゆる文学作品を縦横に引用する博覧強記ぶりには、いつものことながら驚かされる。

▼セネカ『怒りについて 他二篇』(兼利琢也訳 岩波文庫)
 古代の賢人の書。ストア派らしく、怒りという情念と、生におけるその意味について語る。

▼ジェイムズ・ジョイス『ダブリンの人びと』(米本義孝訳 ちくま文庫)
 岩波文庫版『ダブリン市民』(結城英雄訳)も持っているのだが、詳しい訳註や地図がついているちくま文庫版も買ってみた。

▼『プルースト評論選 I 文学篇』(保苅瑞穂篇 ちくま文庫)
 プルーストが活発に批評も行なっていたことは知らなかった。全集を揃えるのは大変なので、全二冊のちくま文庫版を手許に置きたいが、長らく版元品切れの模様。下巻も是非手に入れたいものだ。

▼ジェーン・E・ハリソン『ギリシアの神々 神話学入門』(船本裕訳 ちくま学芸文庫)
 原著は一般読者向けに書かれたもののようだが、ギリシアの神々の系譜と実像を、歴史・文芸・美術・考古学の観点から跡づけたもので、名著とされているらしい。








  1. 2015/01/03(土) 14:42:06|
  2. | コメント:0

移転しました

はてなブログからこちらに移転しました。内容は以前と変わりません。前の記事は、http://cogitans-sum.hatenablog.com/ でご覧いただけます。












  1. 2015/01/03(土) 10:59:00|
  2. | コメント:0

プロフィール

cogitans_sum

Author:cogitans_sum
購入した本、読んだ本について書いていきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

本 (14)
読書 (0)
未分類 (0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
4808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
2360位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。